知的資産経営報告書の作成等の料金について

個別具体的な事案によりまして、
料金が違ってくることは、
当然のことであると考えております。

経営者のあなたが求める課題の難易度によって、
当事務所がいただく報酬額が変わってまいります。

電子メールによる経営相談、
お電話による経営相談には、なじまない事案も、
現実に存在しています。

依頼したい事項を明確にお伝えください。
その求めに応じて、見積書を作成いたします。

当事務所とあなたの双方が合意した時点で、
委託受託関係の契約が成立いたします。

委託者であるあなたの同意なくして、
物事を勝手に進ませるようなことはいたしません。
どうか、ご安心ください。

電子メールやファクシミリにて、
見積書を送付いたしますので、
報酬について、ご納得いただけた場合には、
その旨を当事務所まで、お伝えください。

受託可能と判断した場合には、
あなたに対して、業務内容や作成書類などについて、
確認したうえで、契約成立ということになります。

報酬につきましては、
双方の合意によって、決定すべきものと考えております。

始めの第一歩として、
見積書を請求してください。
よろしくお願いいたします。

 行政書士 松本仁孝





Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。